2017年11月19日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

柔道の田知本が現役引退 五輪金、気力の限界

2017/10/4 20:06
保存
共有
印刷
その他

 リオデジャネイロ五輪柔道女子70キロ級金メダルの田知本遥(27)=ALSOK=が4日、現役引退を明らかにした。全日本柔道連盟(全柔連)が発表し、同日に強化指定辞退届を提出した。10日に東京都内で記者会見を開く予定。気力の限界が主な理由だという。

 田知本はALSOKを通じ「柔道家としてこの道で、次に求める気持ちが湧いてこなかったことが理由の一つ」などとコメント。今後は同社に所属しながら、今春に進学した筑波大大学院での学業に専念する意向を示し「現在は新たなことを知りたい、学びたいというのが私のモチベーション」と述べた。

 富山県出身の田知本は東海大4年の2012年ロンドン五輪で7位。力強い大外刈りを生かして全日本選抜体重別選手権を3度制するなど日本女子中量級を長く引っ張り、リオ五輪では女子日本代表でただ一人、頂点に立った。

 リオ五輪後の実戦は6月の全日本実業団体対抗大会にとどまり、個人戦には出場していなかった。11月の講道館杯全日本体重別選手権での復帰が注目されたが、エントリー締め切りの4日に進退の決断を下した。〔共同〕

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

12月31日に団体王座統一戦を行うWBAライトフライ級王者の田口良一(左)と、初防衛戦に臨むIBFミニマム級王者の京口紘人(17日午後、東京都港区)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)が12月31日に東京・大田区総合体育館で国際ボクシング連盟(IBF)同級チャンピオンのミラン・メリンド(フィリピン)と団体王座統一 …続き (17日 17:33)

記者会見でポーズをとる(左から)WBOスーパーフライ級王者の井上尚弥、WBCライトフライ級王者の拳四朗、東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(16日、東京都千代田区)=共同

 ボクシングの大橋ジムは16日、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が12月30日に横浜文化体育館で同級7位のヨアン・ボワイヨ(フランス)と7度目の防衛戦に臨むと発表した …続き (16日 17:22)

女子52キロ級決勝 立川莉奈(奥)を破り初優勝した阿部詩(12日、千葉ポートアリーナ)=共同

 来年の世界選手権(バクー)代表第1次選考会となる柔道の講道館杯全日本体重別選手権最終日は12日、千葉ポートアリーナで男女計7階級が行われ、女子52キロ級は世界ジュニア選手権覇者で17歳の阿部詩(兵庫 …続き (12日 19:01)

ハイライト・スポーツ

[PR]