サッカー

神戸のACL日程変更 新型肺炎で、4月広州恒大戦はホームに

2020/2/19 18:29
保存
共有
印刷
その他

日本サッカー協会は19日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグG組で、4月7日に神戸と広州恒大(中国)が対戦する試合会場を広州からノエビアスタジアム神戸に変更すると発表した。5月26日に神戸で実施予定だった同カードは、1日遅れて27日に広州で行われる。

ACL東地区は1次リーグ前半戦の中国勢の試合を延期するなど、新型コロナウイルスの影響で日程変更が続いている。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 新型コロナウイルスに感染したサッカーJ1神戸の元日本代表DF酒井高徳選手(29)が5日、ツイッターで自身の症状の経過を報告した。最初に「熱、倦怠感、頭痛」があり、2~3日で熱は下がったものの、味とに …続き (12:12)

 【ロンドン=共同】イングランド・サッカーのプロ選手協会は4日、新型コロナウイルスの感染拡大による中断に伴い、プレミアリーグが全クラブに選手の年俸3割カットを提案したことに反対する声明を出した。公式サ …続き (5日 10:54)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でJリーグの公式戦日程が白紙に戻ったことを受け、複数のクラブが4日、相次いで活動休止を発表した。
 J1は浦和が5~18日まで、湘南が5~19日まで休止する。8日まで …続き (4日 23:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]