/

ロッテ佐々木朗、初の本格投球 33球でばらつく

ロッテの佐々木朗が3日、沖縄県石垣市でブルペンに入り、初めて捕手を座らせて33球の投球練習を行った。審判員が付いて制球がばらつき「ボール以前に体もうまく扱えなかった。(納得いく球は)ゼロです」と反省した。

ブルペンで投球練習するロッテ・佐々木朗(3日、石垣)=共同

ブルペンでの本格的な投球練習開始は、新人だった昨年の2月27日より早いものの、先発入りを目指すには課題が多い。「技術的にも体的にもコントロールできていなかった。まだまだ駄目。たくさんありすぎて」と苦悩をにじませた。

井口監督は2月11日に予定されている紅白戦では登板させない方針を明らかにし「紅白戦に合わせる必要はない。まだちょっとフォームが固まっていない」と話した。13日から始まる沖縄本島での練習試合以降に実戦登板を目指すことになる。

身長190センチと恵まれた体格で、長い手足を使っていかに効率的に、ボールに力を伝えるかを追い求める。「まずどれだけ自分の思うような球、力強い球を投げられるかが大事。気合だけ入れて頑張りたいと思う」と切実に語った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン