スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

原沢「世界一になりたい」 柔道日本代表が国際合宿公開

2017/6/14 21:43
保存
共有
印刷
その他

柔道の世界選手権(8~9月・ブダペスト)日本代表が14日、東京都文京区の講道館で外国勢との国際合宿を公開し、男子100キロ超級代表でリオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)は「外国選手との闘いに慣れ、地力をアップさせたい」と狙いを語った。

ストレッチする原沢久喜(14日、東京都文京区の講道館)=共同

ストレッチする原沢久喜(14日、東京都文京区の講道館)=共同

合宿にはリオ五輪決勝で惜敗したテディ・リネール(フランス)も参加。14日は原沢が背中を痛めて別メニューだったが、両者は12日に乱取りした。「世界選手権で勝てば五輪の悔しさも多少は晴れる。世界一になりたい」と闘志を燃やす。日本男子の井上康生監督は「一流であるほど互いにいろんな要素を感じ取る。選手のモチベーションは非常に上がっている」と収穫を口にした。

女子では個人戦で世界選手権初代表となった52キロ級の志々目愛(了徳寺学園職)が立ち技から寝技への移行を入念に確認し「いい形で臨み、結果を残したい」と意気込んだ。合宿にはリオ五輪63キロ級女王のティナ・トルステニャク(スロベニア)ら強豪が集まった。

12日からの国際合宿には約30カ国・地域から500選手以上が参加し、21日まで行われる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 元世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級王者の久保隼(真正)が26日、神戸市立中央体育館で再起戦を行い、五十嵐嵩視(トコナメ)に3―0で判定勝ちした。契約体重58.0キロの8回戦で実施された …続き (26日 20:57)

1992年バルセロナ五輪男子柔道71キロ級決勝で判定勝ちし、大声をあげて喜ぶ古賀

 あまたある五輪の名シーンの中でも、その不屈の戦いぶりで1992年バルセロナ五輪男子71キロ級の古賀稔彦を上回るものはそうはない。
 3回戦敗退したソウル大会の雪辱を期し、現地入りした古賀。だが、78キ …続き (24日 18:00)

柔道のグランドスラム東京大会の中止などについて語る全柔連の山下会長(23日午後、東京都新宿区)=共同


 新型コロナウイルスの影響で柔道のグランドスラム(GS)東京大会の中止が決まり、全日本柔道連盟の山下泰裕会長は23日、「万全な形で開催する方向だったので残念だ。ただアスリートを守るという意味ではやむを …続き (23日 17:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]