/

西武ドラ1渡部、入寮で「やせるのでは」 体重118キロに

西武のドラフト1位ルーキー渡部健人内野手(桐蔭横浜大)が6日、埼玉県所沢市の若獅子寮に入寮した。球団から贈られ「宝物にしたい」という山川のバットを持ち込み「やっとプロ野球選手のスタートラインに立てたんじゃないかと思う。野球に集中しやすい環境」と心を高ぶらせた。

入寮し、色紙を手に笑顔の西武ドラフト1位の渡部健人内野手(6日、埼玉県所沢市)=代表撮影・共同

スケールの大きさを感じさせる長距離打者。公称は体重112キロだが増量して118キロになったという。「肉をたくさん食べてしまった。常に食べている感じだった。環境ががらっと変わるのでやせていくのではないかな」と苦笑いした。

10日からは新人合同練習が始まる。「焦らず自分のペースでやって、けがなく終われれば」と先を見据えた。

育成を含む新人全12選手が入寮した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン