2019年1月17日(木)

高校野球

夏の甲子園、タイブレーク採用 地方大会でも

2018/1/10 20:10
保存
共有
印刷
その他

日本高野連は10日、今春の選抜大会から導入することが決まっているタイブレークを、夏の全国選手権大会や地方大会でも一律に採用することを決めた。延長十三回無死一、二塁から開始し、試合の決着がつくまで繰り返す。

決勝だけはこれまで同様に延長十五回まで行い、同点の場合は引き分け再試合(再試合ではタイブレークを適用)とする。全国大会から都道府県大会まで、ほぼ全ての公式戦でタイブレークが実施されることになる。

タイブレークは走者を置いて攻撃を始める特別ルール。得点を入りやすくすることで、試合の早期決着を図る狙いがある。打順は前のイニングから引き継ぐ。十二回の攻撃が4番打者で終了した場合は、十三回は5番打者からスタートし、二塁走者に3番打者、一塁走者に4番打者を置く。

タイブレークの導入については、選手の健康管理や大会日程の円滑な消化といった観点から、日本高野連が2014年から是非を議論してきた。昨年9月に春の選抜大会での導入を決定。10月には各都道府県連盟に対するアンケートを行い、意見調整を図ってきた。

日本高野連の技術・振興委員会が取りまとめていた原案では、決勝でもタイブレーク採用としていたが、アンケートで「(日本一や甲子園出場を懸けた)決勝は例外にしてほしい」という意見が7割以上に上った。竹中雅彦事務局長は「アンケートの希望に沿った形で決めた。現場の心情を重視した」と説明した。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 高校野球の甲子園大会で春夏合わせて7度頂点に立った輝かしい歴史を誇り、現在は休部中のPL学園高(大阪)野球部OB会総会が12日に大阪市内で開かれ、プロ野球巨人で活躍した桑田真澄氏(50)の会長就任が …続き (12日 20:19)

 来夏に兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される第101回全国高校野球選手権大会で、日本高野連が休養日を現行の1日から2日に増やすことを検討していることが26日、分かった。日本高野連の竹中雅彦事務局長は「 …続き (26日 11:58)

 新潟県高野連が来年の春季新潟大会で投手の球数制限を導入することが22日、分かった。故障予防や選手の出場機会増などが目的で、投球数が100球に達した投手はそれ以降の回では投球できない。各都道府県高野連 …続き (22日 19:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]