/

世界体操金の村上が帰国 「メダルを実感」と笑顔

体操の世界選手権(モントリオール)の種目別女子床運動で日本勢初の金メダルに輝いた21歳の村上茉愛(日体大)が11日、帰国した。引き続き、東京都内で開かれた記者会見では「空港で一般の方におめでとうと言ってもらえて、メダルを取るとこんなにも違うのかというのを実感した」と満面に笑みを浮かべた。

高難度の技を組み込んだダイナミックな演技で頂点をつかみ「もう一度やれと言われてもできないくらい自分から点数を稼ぎにいく攻めた演技ができた」。日本女子の世界一は1954年大会で平均台優勝の田中(現姓池田)敬子以来63年ぶり2人目の快挙。「表彰台に立った時にいつもの3倍くらいの声援が聞こえた。日本女子が強くなってきたとアピールできた」と誇った。

大黒柱としての活躍が期待される2020年東京五輪に向けて「プレッシャーに負けない自分をつくり上げ、最強の村上と言ってもらえるように練習していきたい」と飛躍を期した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン