/

アジア大会へ決意新た 世界ジュニア銅・桐生が帰国

陸上の世界ジュニア選手権で獲得したメダルを掲げる桐生祥秀(30日、成田空港)=共同

陸上の世界ジュニア選手権(米オレゴン州ユージン)の男子100メートルで銅メダルを獲得した桐生祥秀(東洋大)が30日、成田空港に帰国し「うれしさも悔しさもある。(今秋の仁川)アジア大会ではもっといい色のメダルを取りたい」と決意を新たにした。

10秒38だった準決勝は最後の8人目での突破となり「手が抜けない」と世界レベルで勝ち抜く難しさを実感した。それでも決勝では10秒34で走り「タイムを上げられたのは良かった」と手応えも口にした。

6月の日本選手権後は右足裏痛のため、調整は十分ではなかった中で、400メートルリレーは銀メダルに輝いた。「感覚はずれていない。これからしっかり練習を積みたい」と意気込んだ。

アジア大会前には日本学生対校選手権(9月5~7日)で200メートルに出場するものの、100メートルを走るかは未定という。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン