2018年11月15日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里4連勝、勝ちっ放しは3横綱ら7人 秋場所4日目

2018/9/12 19:18
保存
共有
印刷
その他

初日から4連勝の稀勢の里(12日、両国国技館)=共同

初日から4連勝の稀勢の里(12日、両国国技館)=共同

大相撲秋場所4日目(12日・両国国技館)横綱、大関陣は安泰。8場所連続休場明けで進退が懸かる横綱稀勢の里は、苦しみながらも平幕魁聖を寄り切って全勝を守った。鶴竜が豊山を押し出し、白鵬は千代大龍を上手投げで下し、ともに4勝目。3横綱の初日からの4連勝は1989年春場所以来、29年ぶり。

大関とりの御嶽海は関脇対決で逸ノ城を押し出して4戦全勝。大関陣は高安が4連勝とし、豪栄道とかど番の栃ノ心は3勝目を挙げた。

勝ちっ放しは3横綱に高安、御嶽海、平幕の北勝富士、嘉風を加えた7人。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

栃煌山に敗れ、厳しい表情で土俵を後にする稀勢の里(14日)

 大相撲の東横綱稀勢の里(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が九州場所5日目の15日、休場を表明した。
 初の一人横綱で臨んだ今場所は1931年春(1月)場所の宮城山以来87年ぶりとなる横綱 …続き (9:44更新)

栃煌山(手前)にすくい投げで敗れた稀勢の里

 物言いの協議が終わり、阿武松審判部長(元関脇益荒雄)が「稀勢の里の肩が早く(落ちており)、行司軍配差し違えで栃煌山の勝ちと決定しました」とアナウンスすると、悲鳴にも似たどよめきが起こった。金星なのに …続き (14日 22:30)

栃煌山(手前)にすくい投げで敗れた稀勢の里=塩山賢撮影

 大相撲九州場所4日目(14日・福岡国際センター)不振の一人横綱稀勢の里は平幕栃煌山に行司軍配差し違えの末、すくい投げで逆転負けし、初日からの4連敗を喫した。3日連続の金星配給。
 不戦敗を除いて横綱の …続き (14日 18:42)

ハイライト・スポーツ

[PR]