/

ウッズ選手、粉砕骨折で右足など手術 早期復帰は絶望的

【ロサンゼルス=共同】米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で車を運転中に単独事故を起こした男子ゴルフのスーパースター、タイガー・ウッズ選手(45)が粉砕骨折の重傷で、右すねや足首の手術を受けたことを23日、同選手の財団が発表した。早期復帰は絶望的で、選手生命への影響が懸念される。

担当医によると右脚の脛骨と腓骨、右足と足首がボルトなどで固定されているという。意識があり、会話はできる状態であることなども、ウッズ選手のツイッターを通じて財団が声明で説明した。

ウッズ選手は最近10年あまり、故障などで低迷しながらも2019年のマスターズ・トーナメントで優勝。年に4度のメジャー大会で通算15勝とし、歴代最多記録の18勝に迫っていた。競技人生の大きな目標に掲げてきたが、到達はいっそう厳しい状況となった。米ツアー通算は82勝で最多に並んでいた。

長く腰痛に苦しみ、昨年12月に手術を受けて復帰を目指している最中だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン