/

バレー男子代表、石川・柳田ら27人選出

日本バレーボール協会は19日、ことしの日本代表男子の登録選手27人を発表し、エース石川祐希(パドバ)、主将の柳田将洋(ユナイテッド・バレーズ)らが名を連ねた。1月の全日本高校選手権を制した京都・東山高の高橋藍は初選出。東京五輪などのメンバーはこの27人から選ばれる。

2008年北京五輪代表の清水邦広(パナソニック)、福沢達哉(パリ・バレー)もメンバー入り。早大1年の大塚達宣ら5人が初めて選ばれた。宮城・東北高3年時に18年ジャカルタ・アジア大会代表だった佐藤駿一郎(東海大)は2季ぶりの選出となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン