/

カーリング藤沢「毎試合いい試合を」 19日に軽井沢国際選手権

カーリングのワールドツアー、軽井沢国際選手権は19日に軽井沢アイスパークで開幕する。18日は同会場で記者会見が行われ、平昌冬季五輪女子で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレのスキップ藤沢五月は「パフォーマンスのいい試合を毎試合できるように頑張りたい」と語った。

カーリングの軽井沢国際選手権の公式練習で、笑顔を見せるロコ・ソラーレの藤沢五月(18日、軽井沢アイスパーク)=共同

11月のパシフィック・アジア選手権で準優勝したコンサドーレのスキップ松村雄太は「上位チームにどうやって戦えるか、しっかり見つけられるような試合をできれば」と気持ちを高めた。

男子は平昌五輪決勝を戦った米国とスウェーデンや、平昌五輪男子日本代表の両角友佑が率いるTM軽井沢など15チームが参加。女子はパシフィック・アジア選手権準優勝の中部電力やカナダなど12チームが出場する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン