2018年10月23日(火)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

亀田興毅氏「最後は日本のリングで」
復帰の場合は1試合限定

2018/2/7 18:28
保存
共有
印刷
その他

1月に現役復帰の意向を示したボクシングの元世界3階級王者、亀田興毅氏が7日、復帰する場合は1試合限定であることを明らかにした。東京都内で取材に応じた。

2015年10月に引退した亀田興氏は、所属ジム会長らが日本ボクシングコミッション(JBC)から処分を受けた影響で、最後に日本で試合をしたのは13年。「最後に日本のリングに上がりたい」と理由を述べた。

5月の実施を見据え、名前は伏せたが、対戦を希望する選手と交渉中。現在の体重は60キロ余りで「トレーニングはしている。多少なりとも前に進んでいる」と説明した。バンタム級(リミット53.5キロ)かスーパーフライ級(同52.1キロ)での対戦を検討し、ラウンド数は未定という。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

男子フリー65キロ級で優勝し、日の丸を掲げる乙黒拓斗=共同

 【ブダペスト=共同】レスリングの世界選手権第3日は22日、ブダペストで行われ、男子フリースタイル65キロ級で初出場の19歳、乙黒拓斗(山梨学院大)が決勝で8月のアジア大会覇者のバジュラン(インド)を …続き (7:46)

男子フリー65キロ級準決勝で勝利し、雄たけびを上げる乙黒拓斗(21日、ブダペスト)=共同

 【ブダペスト=共同】レスリングの世界選手権第2日は21日、ブダペストで男子フリースタイルの4階級が行われ、65キロ級で初出場の19歳、乙黒拓斗(山梨学院大)が準決勝でロシア選手を15―10で下し、2 …続き (22日 1:32)

男子で初優勝を果たし、記念写真に納まる阿部一二三(前列右から3人目)ら日体大の選手(21日、ベイコム総合体育館)=共同

 7階級で争う柔道の全日本学生体重別団体優勝大会最終日は21日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で行われ、男子は9月の世界選手権66キロ級で2連覇を果たした阿部一二三を擁する日体大が決勝で筑波大に3― …続き (21日 19:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]