/

ソフトバンク中村晃「規定打席も数字に不満」 現状維持で更改

ソフトバンクの中村晃外野手が16日、ペイペイドームで契約更改交渉を行い、現状維持の年俸2億4千万円プラス出来高払いでサインした。4年契約2年目の今季は両膝痛などで開幕1軍を外れたが、復帰後はプロ初の4番を務めるなどリーグ優勝に貢献。それでも打率2割7分1厘の成績に「何とか規定打席に立てたが、数字的には満足できない」と納得しなかった。

契約更改交渉を終え、記者会見するソフトバンク・中村晃(16日、ペイペイドーム)=共同

グラウンド外では選手会長として、新型コロナウイルス禍に揺れる選手の意見をまとめ上げた。「チームのことを考えるようになったし、勝ちたいという気持ちも増えたのかな」と振り返った。

2軍調整中の8月に新型コロナに感染して離脱が長引いた長谷川勇也外野手は1千万円減の7千万円で更改。明石健志内野手は3500万円減の6500万円で新たに2年契約、高谷裕亮捕手は200万円減の3200万円プラス出来高でサインした。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン