/

照ノ富士が稽古再開 綱とりへ「冷静に準備」

大相撲名古屋場所(7月4日初日・ドルフィンズアリーナ)で綱とりに挑む大関照ノ富士が9日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で相撲を取る稽古を再開し、平幕宝富士に8勝2敗だった。同場所に向けた稽古を開始後、初めて報道陣の代表取材に応じ「プレッシャーに感じていたら終わり。目標を立てて、冷静に準備をしていくだけ」と、横綱昇進を見据えた。

稽古する照ノ富士=右(9日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋)=代表撮影・共同

左前まわしを狙い、じっくりと形を確認しながら攻める内容が目立った。「自分の動きを試した。悪くはない。いつでも出られる状態にしたいと思ってやっている」と話した。

両膝のけがや内臓疾患の影響で序二段まで落ちながら、先場所に大関復帰を果たして賜杯を抱いた。再入幕の昨年7月場所から6場所で3度制覇に、優勝同点が1度と堂々の成績を残している。

一時は引退を覚悟しながら、29歳で再び最高位を目指す立場になった。土俵周りでのトレーニングも入念で「そういったものを人より3倍ぐらいやるという気持ち。できることを精いっぱいやる。稽古場でやったことしか場所で出ない」と鍛錬に没頭していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン