/

重量挙げ世界選手権が開幕 三宅・糸数ら19日出場

【パタヤ(タイ)=共同】重量挙げの世界選手権は18日、タイのパタヤで開幕した。この日は日本選手の出場はなく、19日に約4カ月ぶりの実戦となる女子49キロ級の三宅宏実(いちご)やメダルの期待がかかる男子61キロ級の糸数陽一(警視庁)らが出場。五輪実施階級でメダルを獲得すれば、東京五輪の代表に決まる。

18日は三宅や糸数、男子73キロ級の宮本昌典(東京国際大職)らが会場内の練習場で調整した。大会は27日までで、日本勢は男女各10人が出場する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン