/

長谷部が今季のベスト11に 独サッカー、専門誌が発表

ドイツのサッカー専門誌キッカーは22日、今季の同国1部のベストイレブンを発表し、アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠がDFとして名を連ねた。国内リーグは終盤に失速して7位となったが、35歳で元日本代表の長谷部は主にセンターバックとしてチームをけん引。欧州リーグの4強入りにも貢献し「シーズンの成功を保証した」と評された。

長谷部はリーグ戦28試合に出場。今季前半にはキッカー誌が選ぶセンターバック部門のランキングで1位となっていた。〔ベルリン=共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン