プロ野球

広島・新井「心が洗われる」 13年連続の護摩行

2017/1/11 18:57
共有
保存
印刷
その他

鹿児島市の最福寺で護摩行を行う広島・新井(11日)=共同

鹿児島市の最福寺で護摩行を行う広島・新井(11日)=共同

 広島の新井貴浩内野手が11日、鹿児島市の最福寺で毎年恒例となる護摩行に臨んだ。天井に届くほどの炎に向かって約1時間半、経を唱え「ぐっと気持ちが入る。心が洗われる」と晴れやかに言った。

 今年で13年連続となり「われながら、よくこの苦しい行を続けているな」と苦笑い。それでも昨季は通算2千安打を達成し、リーグの最優秀選手にも輝くなど大活躍しただけに「これをやるのが心の支え。これだけ苦しいことをやっているので、少々のことじゃ負けない気持ちになれる」と言葉に実感を込めた。

 同僚の石原に加え、今回から会沢と堂林が初参加。「想像以上にきつかった」と口をそろえる後輩に対し「何事も実践、経験しないと分からない。挑戦する気持ちがすばらしい。間違いなく今年は変わったものが出てくると思う」と期待を口にした。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

セ・リーグ広島カープ新井貴浩広島

プロ野球 一覧

 1979、80年と連覇を果たした広島の先発陣の軸は池谷、北別府、山根、福士といったところだった。抑えに江夏が控え、投手の分業制が定着していたとはいえ80年は山根が14完投をマークするなど、まだまだ先 …続き (1:24)

 「今季はもうずっと抑えでいくぞ」。DeNAのアレックス・ラミレス監督が、山崎康晃にそんな言葉をかけたのは7月30日の巨人戦、8月2日の中日戦と、連続して抑えに失敗した直後だったという。
 山崎康として …続き (1:13)

 立ち上がりから最後の110球目まで甘い球がほとんどない。もちろん無四球。菅野は今季4度目の完封勝利を「納得してはいけないけれど」との前振りをつけながらも、「完璧に近い投球」と振り返った。
 前回登板で …続き (1:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]