ラグビー

ラグビー協会、有罪2選手を無期出場停止 トヨタの処分なし

2019/10/23 18:09
保存
共有
印刷
その他

日本ラグビー協会は23日、麻薬取締法違反の罪で有罪判決を受けたトップリーグ、トヨタ自動車の樺島亮太(28)とイエーツ・スティーブン(36)の元選手2人に、無期の競技会への出場停止処分を科したと発表した。

同協会は今月16日に規律委員会を開き、処分を決定した。トヨタ自動車に対しては、一連の不祥事を受けてすぐに全体練習を中止するなど対応したことを考慮し、処分は行わないとした。

元選手2人はコカインなどを所持したとして、9月に執行猶予付きの有罪判決を受けた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビーの関東大学リーグは16日、東京・秩父宮ラグビー場などで3試合が行われ、リーグ戦で東海大が流通経大に26―21で勝って6戦6勝の勝ち点24とし、1試合を残して2年連続9度目の優勝を決めた。流通 …続き (16日 19:07)

南アフリカ戦の前半、倒れながら姫野(左)にパスを出すリーチ。パスの回数と正確性で日本は全チーム中、トップだった

 多彩な攻撃パターンからトライを奪える。多くのパスを正確に届けられる――。今回のワールドカップ(W杯)で初の8強に進んだラグビー日本代表の特長は、数字にも表れていた。
 データ会社STATS社と国際統括 …続き (15日 3:00)

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は14日、ワールドカップ(W杯)日本大会での言動で7万ポンド(約980万円)の罰金を科したスコットランド協会が処分を受け入れ、反省を表明したと発表した。 …続き (14日 21:28)

ハイライト・スポーツ

[PR]