2019年6月21日(金)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

右膝負傷の貴景勝、1人で稽古再開 名古屋場所休場も

2019/6/12 20:46
保存
共有
印刷
その他

右膝負傷のため大相撲夏場所を途中休場した大関貴景勝(22)が12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。初のかど番となる名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向け「一生懸命やっていく。出られるなら、もちろん出たい。ただ、治らなければ、来場所を休んで次を目指すしかない」と状態次第では休場する可能性にも言及した。

稽古を再開した大関貴景勝(12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋)=共同

稽古を再開した大関貴景勝(12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋)=共同

治療やリハビリの影響で朝稽古には姿を現さず、午後に1人で四股や腰を下ろす動きを約30分間こなした。膝にテーピングはせず「痛みは落ち着いている」と説明した。まわしを締めての稽古再開は当初の予定より1週間ほど早いという。相撲を取る稽古の開始は名古屋場所初日の10日前から1週間前をめどにした。

新大関の夏場所で途中休場後、一度は再出場したが、大関以上では極めて珍しく再休場した。再出場した8日目の碧山戦で注文相撲に簡単に屈したことを再休場の理由に挙げ「これまで細かなけがをしても、出場し続けることでつかんできた部分があった。膝は違った。イージーな立ち合いの変化を食らい、大関として取れないと思った」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

昇進披露宴で横綱白鵬(右端)、鶴竜(右から3人目)らと鏡開きをする大関貴景勝=同2人目(16日午後、東京都港区)=共同

 大相撲の大関貴景勝の昇進披露宴が16日、東京都内のホテルで開かれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や白鵬、鶴竜の両横綱ら約2千人が出席した。

 22歳の貴景勝は新大関で臨んだ夏場所で右膝を負傷 …続き (16日 16:55)

稽古を再開した大関貴景勝(12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋)=共同

 右膝負傷のため大相撲夏場所を途中休場した大関貴景勝(22)が12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。初のかど番となる名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向け「一生懸命やって …続き (12日 20:46)

鳴戸部屋の部屋開きで、土俵祭りを見守る鳴戸親方(奥前列の右から3人目)ら(8日、東京都墨田区の鳴戸部屋)=共同

 大相撲の鳴戸部屋の部屋開きが8日、東京都墨田区で行われ、同じ二所ノ関一門の尾車(元大関琴風)、芝田山(元横綱大乃国)両理事らが出席した。土俵祭りの後には大関高安ら一門の関取衆が稽古し、新たな門出を祝 …続き (8日 20:13)

ハイライト・スポーツ

[PR]