スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

関脇・朝乃山、春場所「中止仕方ない」 3月1日に決定

2020/2/26 17:45
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本相撲協会が春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)の開催可否について、無観客での実施や中止の選択肢を含めて3月1日の臨時理事会で決定する。不透明な状況に、力士たちは26日、複雑な思いを口にした。

横綱鶴竜は「力士は何があってもベストを尽くすしかない。あとはどうなるかだ」と稽古に集中する構えを示した。

時津風部屋での出稽古を終え、取材に応じる横綱鶴竜(26日、大阪市東成区)=共同

時津風部屋での出稽古を終え、取材に応じる横綱鶴竜(26日、大阪市東成区)=共同

春場所で大関昇進を目指す関脇朝乃山は、稽古後にファンから握手などを求められると「新型コロナウイルスが流行しているので申し訳ありません」と丁寧に断った。「これ以上、感染者が増えてほしくない」と心配し「力士は声援を大事にして闘っている。それが頑張ろうという気持ちにさせてくれる。中止なら中止で仕方ない」と心境を吐露した。

関脇正代は「決まったことに対応するだけ。相撲を取る準備をする」と冷静に受け止め、平幕豊山は「僕らは初日に合わせるだけだが、準備している方々が大変。(無観客は)想像できないが、(うまく)気持ちは入らないのかなとも思う。(通常開催で)やりたいけど、他のスポーツ界の動きを見ても厳しいのかな」と話した。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲夏場所の2週間延期が決まった3日、第一人者の横綱白鵬は日本相撲協会を通じて談話を出し「中止ではなく延期になったということは前向きに受け止めている。新しいけがや古傷を治す時間を与えてもらったと考 …続き (3日 23:39)

砂袋を担いですり足に励む朝乃山(3日、東京都墨田区の高砂部屋)=共同

 大相撲の新大関朝乃山は3日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古を行い、徹底的に下半身強化に取り組んだ。四股やてっぽうで汗を流してから55キロの砂袋を担ぎ、腰をしっかり下ろしてすり足に励んだ。新型コロナウイ …続き (3日 18:58)

記者会見する日本相撲協会の八角理事長(3日午後、東京・両国国技館)=共同

 日本相撲協会は3日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、5月10日に初日を予定していた大相撲夏場所(両国国技館)を2週間延期することを決めた。5月24 …続き (3日 18:56)

ハイライト・スポーツ

[PR]