/

「早く開幕してほしい」 ソフトバンク新人佐藤が心境

1年目で迎えた予想外の事態に、歯がゆさが募る。JR西日本からプロ入りしたソフトバンクのドラフト1位新人、佐藤直樹外野手が22日、福岡県筑後市のファーム施設での自主練習後にオンラインでの取材に応じ、「早く開幕してほしい」と率直な心境を述べた。

打撃練習するソフトバンク佐藤(22日、福岡県筑後市)=球団提供・共同

オープン戦11試合でチーム最多の5盗塁と持ち味の脚力をアピールしたが、公式戦の開幕は見通せず「ちょっとずつ慣れてきた時にこういう状況になってしまった」と残念がった。

この日は打撃練習などで約3時間、体を動かした。打撃では「試合が入ったら変えることができない。今は練習しかできないので、いろいろ試している」と理想のフォームを探っている。寮生活では、接触が制限され「他の選手と話せないのは寂しい」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン