/

西武・山川、3倍超の1億1000万円 パ・リーグMVP

契約更改交渉を終え、来季の目標本塁打数を書いた扇子を手にポーズをとる西武・山川(5日、埼玉県所沢市のメットライフドーム)=共同

今季、47本塁打で初の本塁打王に輝きパ・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた西武の山川穂高内野手が5日、メットライフドームで契約更改交渉し、3倍を超える7800万円増の年俸1億1千万円でサインした。「うれしい。球団からは文句のない成績と言ってもらえた。僕としても大満足」と喜んだ。

開幕から4番を任され、打点もリーグ2位で1位に3差の124をマークした。出身地の那覇市から市民栄誉賞を授与されることも決まり「沖縄出身というのをものすごくアピールしたいし、MVPと同じくらいうれしい」と笑った。

オフに主将で3番の浅村栄斗内野手がフリーエージェント(FA)権を行使してチームから抜けた。来季に向け「本塁打を50本。浅村さんがいなくなるし、より一層重圧を背負って、なおかつ50本打つ」と宣言した。

増田達至投手は41試合で防御率5.17と精彩を欠き、1500万円減の年俸1億円で、金子侑司外野手は700万円増の年俸5700万円で更改した。(金額は推定)〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン