2019年7月19日(金)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

朝乃山「前に出る稽古を」 名古屋場所へ本格開始

2019/6/26 17:15
保存
共有
印刷
その他

5月の大相撲夏場所で初優勝した東前頭筆頭の朝乃山が26日、愛知県蟹江町の高砂部屋で幕下力士と10番取り、名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けた本格的な稽古を開始した。「前に前に出る稽古をしていく」と意欲を新たにした。

朝稽古で汗を流す朝乃山(26日、愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎)=共同

朝稽古で汗を流す朝乃山(26日、愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎)=共同

初の上位総当たりとなる今場所を見据え、得意の左上手を素早く引くことを鍵に挙げる。そのために踏み込みの速さを磨くことを心掛ける。「夏場所は(踏み込みを)しっかりできたことで優勝ができた。伸ばしていかないといけない」と自らに言い聞かせるように話した。

故郷の富山市での凱旋パレードなどで多忙で、相撲を取ったのは約2週間ぶりだった。ぶつかり稽古では早々と息が切れ、師匠の高砂親方(元大関朝潮)には「ほらほら、稽古不足かなあ」とハッパを掛けられた。27日から出稽古でペースアップする予定。朝乃山は「やっていかないといけない」と気を引き締めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

鶴竜が裾払いで千代大龍を下す(18日、ドルフィンズアリーナ)=共同

 大相撲名古屋場所12日目(18日・ドルフィンズアリーナ)横綱鶴竜は平幕の千代大龍を鮮やかな裾払いで下し、初日から無傷の12連勝として単独首位を守った。

 横綱白鵬は両上手を引いて関脇御嶽海を寄り切り、 …続き (18日 19:08)

現役引退の記者会見を終え、花束を手に写真撮影に応じる元関脇安美錦の安治川親方(18日午後、ドルフィンズアリーナ)=共同

 大相撲名古屋場所11日目の17日に現役を引退した元関脇安美錦の安治川親方(40)=本名杉野森竜児、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が18日、名古屋市のドルフィンズアリーナで記者会見し「好きな相撲をここまで …続き (18日 18:17)

(東) (西)
栃煌2―2錦木
佐海0―0貴源
琴恵1―0炎鵬
矢後1―1翔鵬
松鳳6―5豊島
琴勇3―8隠岐
阿武0―0照強
千大2―2輝 
明生2―0千丸
志摩0―0遠藤
逸城4―4北富
朝山3―2碧山
正代3―0竜電
阿炎 …続き (18日 18:13)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。