/

脇本・新田、東京五輪で「金」宣言 自転車トラック

東京五輪の自転車トラック種目の日本代表が9日、オンライン取材に応じ、男子ケイリンの脇本雄太(日本競輪選手会)は「自分への期待も重圧もある。日本発祥のスポーツで金メダルを取る」と誓い、新田祐大(日本競輪選手会)も「たくさんの選手の思いを乗せて走る。金しかない」と宣言した。

東京五輪に向け、意気込みを語る自転車トラック種目代表の脇本雄太(9日)=日本自転車競技連盟提供・共同

空気抵抗を少なくするフォーム改造に昨年から取り組む脇本は「手応えを得ている」と強調し、新田は課題の持久力について「100パーセントになった」と自信を示した。

昨年の世界選手権女子オムニアムを制した梶原悠未(筑波大大学院)は「朝起きてから夜寝るまで金メダルが頭から離れない。(新型コロナウイルス禍でも)夢が追いかけられる状況に感謝している」と語った。

日本競輪選手会の2人、女子ケイリンの小林優香は「本番へもっとスキルアップする」と、男子オムニアムの橋本英也は「世界と戦える仕上がりだ」と述べた。女子マディソンで梶原と組む中村妃智(JPF)は「メダルを持ち帰りたい」と意気込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン