/

アイスホッケー女子、大沢ら五輪代表23人を発表

日本アイスホッケー連盟は6日、東京都内で記者会見を開き、来年の平昌冬季五輪に出場する女子の日本代表として、FWの大沢ちほ(道路建設ペリグリン)や久保英恵(西武)、GK藤本那菜(ボルテックス札幌)ら23人を発表した。山中武司監督は「必ずやってくれると信じて選んだ。世界で勝負して必ずメダルを獲得したい」と意気込んだ。

2月の最終予選に出場したメンバーが中心で15人が前回ソチ大会代表。最年長は36歳のFW小野粧子(御影グレッズ)、最年少は18歳のDF志賀葵(帯広レディース)で、ともに初出場となる。

ソチ五輪に続いて主将を務める大沢は「メンバーが決まっていよいよという気持ち。結果を追い求めてやっていきたい」、守備の要となる藤本那は「後ろから冷静に判断し、最終的に勝ちにつながるプレーができれば」と意欲を新たにした。

日本女子は開催国枠で出た1998年長野大会、初めて予選を突破したソチ大会に続く3度目の五輪。過去2大会で計10戦全敗に終わっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン