/

元ヤクルトの安田氏、小倉高コーチ就任 来秋には監督に

高校野球の甲子園大会で春夏通算21回出場、優勝2回の福岡・小倉高のコーチに、元プロ野球ヤクルト投手で同校OBの安田猛氏(69)が就任することが21日、野球部関係者への取材で分かった。来年1月初旬から指導に当たり、秋からは監督に就任する予定。同校は1978年春を最後に甲子園出場から遠ざかっている。

安田氏は同校を卒業後、早大、大昭和製紙を経てドラフト6位で72年にヤクルト入団。「ペンギン投法」と呼ばれた独特のサイドスローで知られ、93勝を挙げた。約2週間前に「最後に母校で指導をしたい」と同窓会を通じて学校側に申し出たという。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン