/

巨人・井納「気持ちが入る」 東京ドームで初ブルペン

巨人にDeNAからフリーエージェント(FA)で移籍した井納が3日、東京ドームで行われている一部主力組のキャンプで初めてブルペンに入った。「土の硬さを確認して、力み過ぎずに自分のイメージするフォームで投げることを意識した。思ったよりも球は良かった」と振り返った。

練習中、桑田投手チーフコーチ補佐(右)と言葉を交わす巨人・井納(3日、東京ドーム)=共同

ワインドアップやセットポジションなど状況によって直球の握りを変え、細かい部分にまで神経を使った。球を受けた小林は「バランスの良いフォームから、両サイドの構えたところに制球良く来ていた」とうなずいた。

新たに本拠地となった球場で感触を確かめ「東京ドームのブルペンはやはり気持ちが入る」と満足そう。巨人のユニホームを着て練習するのは、沖縄入り後の6日以降となる予定だが、ひとまずは上々のスタートを切った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン