/

豪栄道引退、親方衆ねぎらう 八角理事長「責任全うした」

大相撲で引退した元大関豪栄道の武隈親方(33)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=が記者会見に臨んだ29日、親方衆からねぎらいの言葉が相次いだ。

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は看板力士が去り「本当にお疲れさまと言いたい。全勝優勝した時は上(横綱)に上がれると思った。苦しかったと思うが、大関の責任を全うした」とたたえた。

元豪栄道と同様、大きくはない体で3度の優勝を果たした玉ノ井親方(元大関栃東)は「まだまだできるんじゃないかと思うが、精神的にも限界だったのだろう」と心中をおもんぱかった。浅香山親方(元大関魁皇)は現役時代に11度対戦。「立ち合いの踏み込みがいい力士だった。必ず上にいく予感がしていた」と当時を振り返った。

来場所の大関は貴景勝だけ。番付を編成する審判部の藤島副部長(元大関武双山)は「番付の上でも(一人大関は)寂しい」と話し、現役力士に対し「努力した人間しか上がれない位置。ひたすら稽古するしかない」と奮起を促した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン