/

J1神戸イニエスタが右太もも手術 ACLで負傷、全治4カ月

J1神戸のイニエスタ=共同

J1神戸は16日、4強入りしたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で負傷したMFイニエスタが「右大腿直筋近位部腱断裂」と診断され、15日にスペインのバルセロナ市内の病院で手術を受けたと発表した。全治4カ月の見通し。

イニエスタはカタールで集中開催のACLで、7日に行われた決勝トーナメント1回戦の上海上港(中国)戦に先発、右太ももの付け根付近を痛めて後半途中に交代した。10日の準々決勝の水原(韓国)戦は延長後半途中から出場し、PK戦では1人目に蹴って成功したものの、13日の蔚山(韓国)との準決勝はベンチを外れていた。

ACL初出場の神戸は蔚山に延長の末に屈して敗退した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン