プロ野球

森福が現役引退 ソフトバンク・巨人で活躍

2019/12/25 17:58
保存
共有
印刷
その他

巨人から自由契約となった森福允彦投手(33)が現役を引退することが25日、分かった。巨人に24日に連絡が入った。今季は7試合に登板して0勝0敗、防御率6.23だった。現役続行を希望し、11月に行われた12球団合同トライアウトを受けていた。

森福は愛知・豊川高からシダックスを経て、2007年にソフトバンク入団。左横手投げの中継ぎとして活躍した。11年の日本シリーズでは無死満塁のピンチを11球で三者凡退に抑えるなど日本シリーズ制覇に貢献。国内フリーエージェント(FA)権を行使し、17年から巨人でプレー。通算423試合に登板し、17勝17敗18セーブ、防御率2.59だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 日本ハムは31日、千葉県鎌ケ谷市の球団施設で6月2日のロッテ戦から再開する練習試合を前に最後のチーム練習を行った。栗山英樹監督は「いよいよ試合が始まるので(選手に)雰囲気が出てきている。気持ちが上が …続き (19:18)

 楽天は31日、楽天生命パーク宮城でのグループ練習を終えた。三木肇監督は、6月2日のDeNA戦から再開される練習試合に向け「試合数は限られている。若い選手には競争する場面は少ないがアピールしてほしい」 …続き (18:22)

 ソフトバンクの工藤公康監督が31日、ペイペイドームでの紅白戦後にオンラインで取材に応じ、「打者は直球だけでなく変化球にも対応できるように、投手もコースに決められるようになってきた。選手の調子は上がっ …続き (17:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]