プロ野球

森福が現役引退 ソフトバンク・巨人で活躍

2019/12/25 17:58
保存
共有
印刷
その他

巨人から自由契約となった森福允彦投手(33)が現役を引退することが25日、分かった。巨人に24日に連絡が入った。今季は7試合に登板して0勝0敗、防御率6.23だった。現役続行を希望し、11月に行われた12球団合同トライアウトを受けていた。

森福は愛知・豊川高からシダックスを経て、2007年にソフトバンク入団。左横手投げの中継ぎとして活躍した。11年の日本シリーズでは無死満塁のピンチを11球で三者凡退に抑えるなど日本シリーズ制覇に貢献。国内フリーエージェント(FA)権を行使し、17年から巨人でプレー。通算423試合に登板し、17勝17敗18セーブ、防御率2.59だった。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 プロ野球パ・リーグ各球団の社長が31日、オンライン会議を開き、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を踏まえ、目標としている4月24日の公式戦開幕は難しいという見解で一致した。リーグ関係者が明ら …続き (31日 21:01)

 オリックスは31日、新型コロナウイルス感染防止のために4月1~5日に予定されていた全体練習を休止し、1、2軍ともに大阪市の球団施設での自主練習にすることを発表した。またこの期間中、報道陣に取材自粛を …続き (31日 17:31)

 中日は4月1日以降について、当面の間は自主練習にすると31日に発表した。ナゴヤドームでの1軍は投手と野手をそれぞれ2班ずつの計4班に分け、時間が重ならないように行う。監督、コーチも参加する。練習参加 …続き (31日 17:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]