/

楽天・三木監督「個々の状態上げる」 開幕へ2グループで練習

楽天は20日、12球団が目指す6月後半の開幕に向けて練習の強度を上げた。グループ分けを6から2に減らし、ユニホームを着用して動いた。三木肇監督は楽天生命パーク宮城で視察し、オンライン取材に「スタミナ面はまだまだ足りない。個々の状態を上げていくことを優先的に考える」と話した。

練習を視察する楽天・三木監督(20日、楽天生命パーク宮城)=球団提供・共同

チームは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月末から5月7日まで球団施設を閉鎖していた。他球団に比べて調整の遅れが懸念されるが、当面は紅白戦は行わず、練習量を増やしていく。三木監督は8日に始まった自主練習を視察しており「不安を抱えている選手もいる。コミュニケーションを取ってやっていく」と気遣った。

主将の茂木栄五郎内野手は「いい表情でみんな野球をしていた。ユニホームを着ると身が引き締まる。いい緊張感」と充実した表情だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン