/

C大阪の永石選手、新型コロナ陽性 食事会で感染か

サッカーJ1のC大阪は1日、GK永石拓海選手(24)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応を示したと発表した。

C大阪の永石拓海選手=共同

C大阪によると、永石選手は3月28日に食欲不振、倦怠感などの症状が出て体温が37.9度に上がり、自宅待機となった。22日に食事を共にした友人から、陽性となったとの連絡が29日にあり、31日にPCR検査を受け、4月1日に感染が判明した。

現時点では永石選手に発熱、せき、味覚・嗅覚障害の症状はないという。クラブは保健所の指導の下、濃厚接触者の特定や舞洲クラブハウス(大阪市此花区)の消毒などの対応をする。

永石選手はクラブを通じ「チーム、Jリーグ関係者、再開を楽しみにされている方々にご迷惑を掛けたことを深くおわびします。感染拡大の状況からみて、食事会に参加すべきでなかったと大いに反省しています」との談話を出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン