/

フィギュア女子SP、宮原4位 坂本は5位

平昌五輪

フィギュアスケート女子ショートプログラムに出場した坂本花織=山本博文撮影

平昌冬季五輪のフィギュアスケートは30人による女子ショートプログラム(SP)が行われ、ともに初出場の日本勢は宮原知子(関大)が自己ベストを塗り替える75.94点で4位、17歳の坂本花織(シスメックス)も自己最高の73.18点で5位につけた。

今季のグランプリ・ファイナルを制した15歳のアリーナ・ザギトワ(OAR)が82.92点の世界歴代最高でトップに立ち、世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が81.61点で2位。昨季世界選手権2位のケイトリン・オズモンド(カナダ)が78.87点で3位だった。

上位24人が23日のフリーに進んだ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン