/

J1神戸・酒井高徳「改めて恐ろしさ痛感」 コロナから回復

新型コロナウイルス感染から回復したサッカーJ1神戸の元日本代表DF酒井高徳選手(29)が29日、自身のインスタグラムを更新した。兵庫県内の医療機関を25日に退院後初めて、現在の心境を「改めてコロナウイルスの恐ろしさを痛感しました。約1カ月におよぶ入院生活で、今までの自分にとって当たり前にあった時間や環境、身の回りの人々の大切さが分かりました」などとつづった。

酒井選手は3月30日にJリーグ選手で初めて感染が確認され、入院していた。「今も昼夜を問わず最前線で対応いただいている医療関係者の皆様に感謝とともに敬意を表したい」とし、今後について「ピッチで躍動する姿を見せられるようにしていきます」と記した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン