/

朝乃山が明生に11勝3敗 合同稽古で

大相撲夏場所(5月9日初日・両国国技館)に向けた合同稽古第3日は21日、国技館内の相撲教習所で行われ、一昨年夏場所以来2度目の優勝を狙う大関朝乃山は成長株の平幕明生に11勝3敗と上々の結果だった。

朝乃山(右)の胸を借り、稽古する明生(21日、両国国技館内の相撲教習所)=代表撮影・共同

得意の右四つで攻める展開が目立った朝乃山は「もろ差し、スピードが備わっているのが明生関の武器。先場所で勝ち越しているし、来場所も当たる」と相手に指名した目的を明かした。明生は「土俵際まで攻め立てる場面がいくつもあった。勝ち負けにはこだわっていなかった」と内容への充実感をにじませた。

2度目のかど番で夏場所に臨む大関正代は若隆景、阿武咲、逸ノ城の平幕3人に対して7勝4敗。「15番くらい(取ろうと)考えていたが、ちょっと体がまだついてきていない」と体力面の課題を挙げた。

春場所で初の技能賞に輝いた若隆景は、正代に1勝3敗ながら低い体勢から何度も押し込む場面があり「体の感覚的にはそんなに悪くないと思う」と一定の手応えを語った。合同稽古は22日が最終日となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン