2019年9月17日(火)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング比嘉選手に無期限停止処分 世界戦で体重超過

2018/4/25 17:35
保存
共有
印刷
その他

日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、体重超過により世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座を剥奪された比嘉大吾選手(22)=白井・具志堅スポーツ=へのボクサーライセンス無期限停止処分を決めたと発表した。世界戦の計量失敗が日本選手初の失態であることを考慮し、重い処分となった。

停止処分解除は、定期的な体調管理報告などを受け、総合的に勘案して決める。ファイトマネー相当額の20%を制裁金とし、復帰の場合は1階級以上上げることを義務づけた。具志堅用高会長をはじめ、トレーナーらジム関係者は管理責任を問われ戒告処分となった。

JBCは25日の倫理委員会で処分を協議。安河内剛事務局長は「ボクシング界に与えたダメージは大きく、懲罰の意味があって処分が重くなった。一方でボクシング界の宝である選手なので、どう救済するかも考えた」と語った。

沖縄県出身の比嘉選手は日本タイの15戦連続KO勝ちをマークしたが、3度目の防衛戦だった15日の試合に備えた前日計量で制限体重を900グラムオーバー。当日計量などを経て行われた試合はクリストファー・ロサレス選手(ニカラグア)に9回TKO負けした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

男子グレコローマン60キロ級準決勝 イラン選手からポイントを奪い、雄たけびを上げる文田=共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=西堀卓司】東京五輪予選を兼ねて、カザフスタンのヌルスルタンで行われているレスリングの世界選手権で16日、男子グレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(ミキハウス) …続き (11:43)

男子グレコローマン60キロ級準決勝 イラン選手(下)を攻める文田健一郎。テクニカルフォール勝ちし、東京五輪の代表に決まった(16日、ヌルスルタン)=共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権第3日は16日、カザフスタンのヌルスルタンで男子グレコローマンスタイルの五輪実施階級が行われ、2017年大会王者で60 …続き (16日 21:47)

男子グレコローマン63キロ級決勝 ロシア選手(下)を攻める太田忍(15日、ヌルスルタン)=共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】東京五輪予選を兼ねたレスリングの世界選手権第2日は15日、カザフスタンのヌルスルタンで男子グレコローマンスタイルが行われ、非五輪階級では、2016年リオデジャネ …続き (16日 0:01)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。