2019年6月17日(月)

フィギュア

フィギュア新ルール、回転不足の得点アップ 大技挑戦を後押し

2019/5/22 20:27
保存
共有
印刷
その他

国際スケート連盟(ISU)は21日、フィギュアでジャンプが回転不足になったときにこれまでは基礎点の75%を得点としていたが、2019~20年シーズンは80%に引き上げると発表した。18~19年シーズンからの新ルールで回転不足の判定が厳格化されており、ISUの岡部由起子技術委員は「厳しくなった分、バランスを取った」と説明した。

男子の羽生結弦(ANA)が習得を目指し、基礎点が最も高い12.50点のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)は回転不足の場合に従来は9.38点だったが、10.00点となる。大技への挑戦を後押しする変更にもなる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートのコラム

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

報道陣の取材に応じるフィギュアスケート男子の高橋大輔(15日、岡山県倉敷市)=共同

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(関大KFSC)は15日、岡山県内で開かれた「岡山県スケート連盟創立50周年の集い」に出席し「(国際大会に)チャンスがあるなら出たい。行けるところまで挑戦したい」と意 …続き (15日 17:34)

宇野昌磨=共同

 フィギュアスケート男子で2018年平昌冬季五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)は6日、来季のショートプログラム(SP)の振り付けをシェイリン・ボーンさん、フリーをデービッド・ウィルソン氏に依頼 …続き (6日 16:29)

 フィギュアスケート男子で2018年平昌冬季五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が、5歳のときに名古屋市のグランプリ東海クでスケートを始めてから指導を仰いできた山田満知子、樋口美穂子両コーチの下 …続き (3日 18:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]