フィギュア

フィギュア新ルール、回転不足の得点アップ 大技挑戦を後押し

2019/5/22 20:27
保存
共有
印刷
その他

国際スケート連盟(ISU)は21日、フィギュアでジャンプが回転不足になったときにこれまでは基礎点の75%を得点としていたが、2019~20年シーズンは80%に引き上げると発表した。18~19年シーズンからの新ルールで回転不足の判定が厳格化されており、ISUの岡部由起子技術委員は「厳しくなった分、バランスを取った」と説明した。

男子の羽生結弦(ANA)が習得を目指し、基礎点が最も高い12.50点のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)は回転不足の場合に従来は9.38点だったが、10.00点となる。大技への挑戦を後押しする変更にもなる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

 日本スケート連盟は21日、東京都内で理事会を開き、フィギュアスケートで2017年四大陸選手権女王の三原舞依(シスメックス)が体調不良のため11月上旬のグランプリ(GP)シリーズ第4戦、中国杯(重慶) …続き (21日 16:25)

エキシビションで演技する坂本花織(20日、ラスベガス)=共同

 【ラスベガス(米ネバダ州)=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカに出場した日本勢が20日、米ネバダ州ラスベガスで取材に応じ、4位にとどまった女子の坂本花織(シ …続き (21日 12:24)

女子で4位だった坂本のフリーの演技(19日、ラスベガス)=共同

 【ラスベガス(米ネバダ州)=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ最終日は19日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、女子でショートプログラム(SP)2位の坂本花織( …続き (20日 17:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]