2019年8月24日(土)

サッカー

J1誤審で審判団に処分 横浜M―浦和でのゴール判定巡り

2019/7/17 18:07
保存
共有
印刷
その他

日本サッカー協会は17日、東京都内で審判委員会を開き、13日のJ1横浜M―浦和でゴール判定を巡って試合が中断した問題で、外部情報を判定の根拠に利用しようとした相楽亨副審と第4の審判員の大坪博和氏に1カ月の資格停止処分を下した。松尾一主審は1カ月、田尻智計副審は1試合の割り当て停止。

オフサイドの位置にいた横浜Mの仲川のゴールが認められる誤審があった。審判団はゴールの場面を正確に見ておらず、相良、大坪両審判員は運営担当者から情報を得て、一度は取り消しにするなど混乱を招いた。

日本協会の小川佳実審判委員長は「4人の審判以外の情報で判定を変えることはできない。一時であっても超えてはいけないところを超えた」と重く受け止めた。

小川委員長は、8月から導入を検討していたJ1での追加副審について、シーズン途中からでは公平性を欠くなどとの判断から見送る意向も示した。2021年シーズンからとされるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)採用の前倒しを含め、抜本的な再発防止策を練る。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカー日本代表の森保一監督は23日、元日本代表GKでナショナルトレセンのGKコーチを務める川口能活氏が、東京五輪で男子の中核世代となるU―22(22歳以下)代表の指導に携わることを明らかにした。9 …続き (0:14)

現役を引退し、鳥栖イレブンらから胴上げされるフェルナンドトーレス(23日、駅スタ)=共同

 サッカー、J1鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(35)が23日、佐賀県鳥栖市の駅前不動産スタジアムでの神戸戦にフル出場し、現役を引退した。ゴールはならずチームは1―6で敗れたが、2万30 …続き (23日 22:41)

鹿島―G大阪 前半、鹿島・白崎(右)と競り合うG大阪・倉田(23日、カシマ)=共同

 明治安田J1第24節第1日(23日・カシマスタジアムほか=3試合)2位鹿島はG大阪と2―2で引き分けた。勝ち点は45。鳥栖は神戸に1―6で大敗。この試合を最後に現役引退する鳥栖の元スペイン代表FWフ …続き (23日 22:34)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。