/

ジャンプのアホネン「自分は若い」

葛西に次ぐ7度目出場

記者会見するスキー・ジャンプ男子のアホネン(7日、平昌)=共同

【平昌=共同】ノルディックスキーのジャンプ男子で、冬季五輪史上最多8度目の葛西紀明(土屋ホーム)に次ぐ7度目の出場となる40歳のヤンネ・アホネン(フィンランド)が7日、平昌で記者会見し「また大きな舞台に出られてうれしい。自分は若いと思っているので、いいジャンプをしたい」と抱負を語った。

フィンランド・オリンピック委員会によると、7度目の五輪出場は同国では夏季大会を含めてもアホネンのみ。葛西について「偉大な選手の一人。でも私もできることをやっていけば全ては可能」と8度目への挑戦にも意欲的だった。

アホネンはワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で歴代4位の36勝を誇る。過去に2度引退し、復帰している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン