/

米スポーツ界、新型コロナの影響拡大 MLB・NBAが対策

【ロサンゼルス=共同】新型コロナウイルスの感染拡大の影響は米スポーツ界にも広がりつつある。大リーグ機構(MLB)はサインを求めるファンから選手がボールやペンを直接受け取るのを避け、握手を自粛するなどの予防策を講じるよう各球団に通達したと、スポーツ専門局ESPN(電子版)が3日報じた。

感染者が確認されたフロリダ州でキャンプを行う球団では、筒香嘉智外野手が所属するレイズが選手やスタッフに消毒剤の利用や頻繁な手洗いを促した。パイレーツは徹底的に練習施設を消毒した。ヤンキースはアーロン・ブーン監督が「必要な予防策を取る」と危機感をにじませた。

もう一つのキャンプ地、アリゾナ州ではエンゼルスの大谷翔平選手が、予防策かどうかは不明だが、練習の合間にサインをした際に打撃用の手袋を着用していた。一部球団は日本からインターンのトレーナーを受け入れないことにした。

プロバスケットボールNBAも選手にファンとのハイタッチを控えるようにしており、八村塁選手は「日本でも大変だなというのは自分でも感じる」と切実に話す。ヤフースポーツ(電子版)によると、全米大学体育協会(NCAA)はコロナウイルスの諮問委員会を設置した。全米で熱狂的な盛り上がりを見せるバスケットボール男子の全米大学選手権は予定通り実施するとしているが、無観客で行うべきだとの声も上がっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン