/

五輪空手、目標は「最低でも金三つ」 選手強化委員長

全日本空手道連盟の香川政夫選手強化委員長は15日、東京都内で報道陣の取材に応じ、空手が初実施される東京五輪の目標について「全階級でメダルを目指すのはもちろんだが、最低でも三つの金メダルを取りたい」と語った。

ただ競技の世界的普及に伴い、海外勢のレベルが上がっている。形は男子で世界選手権3連覇中の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)と元世界女王の清水希容(ミキハウス)が安定しているが、組手は厳しい闘いを強いられている。香川強化委員長は「日本の空手がどこまで通用するか問われている。選手もそのことを自覚して臨むと思う」と奮起を促した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン