/

柔道女子・芳田「金メダルを取る」 初の五輪へ抱負

柔道女子57キロ級で東京五輪代表の芳田司(コマツ)が2日、オンラインで報道陣の取材に応じ、初の大舞台へ「開催されれば金メダルを取る。そこに向けてしっかり準備したい。いつも通りやるだけ」と抱負を語った。

京都府出身で25歳の芳田は内股を軸に多彩な攻撃を展開し、2018年に世界選手権を初制覇。昨年の新型コロナウイルス感染拡大後に練習を満足にできなかった時期を思い「柔道があってこその自分だ」と原点に返って鍛えているという。

前回リオデジャネイロ五輪は同じ所属で、神奈川・相原中時代の先輩でもある63キロ級の田代未来の練習相手として同行。他の国際大会とは別格の緊張感に「怖さ」を感じたと述懐した。着実に実績を積み、田代とともに代表入りした五輪へ「今は試合をしたい気持ちが大きくなっている」と確かな自信を示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン