/

J1鹿島、大岩監督退任を発表 「最後の仕事は天皇杯制覇」

J1鹿島の大岩剛監督=共同

J1鹿島は11日、大岩剛監督(47)が契約満了により今季限りで退任すると発表した。後任は未定。昨年はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を初制覇し、今季J1は18勝9分け7敗で3位だった。4強入りしている天皇杯全日本選手権は引き続き指揮を執る。

大岩監督は2017年のシーズン中にコーチから昇格して就任し、J1通算で50勝20分け20敗。「鹿島はタイトルを義務づけられたクラブ。最後の仕事は選手たちと(天皇杯の)頂点に立ち、みなさんに最高の歓喜を与えること、それだけです」などとコメントした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン