/

楽天・田中将、10日の登板見送り 石井監督「焦らずに」

楽天の石井一久監督は7日、右ふくらはぎを痛めて出遅れている田中将大投手の今季初登板について、最も早い場合として想定していた10日のソフトバンク戦を見送ったことを明らかにした。「その1試合よりもその後の二十何試合の登板が大事なので、焦らずにいきたい」と語った。

今季初登板に向けて調整を続けている楽天・田中将(7日、メットライフドーム)=共同

検査結果は良好で、順調に回復しているという。新たな登板日の候補については「(10日から1週間遅らせて)17日もあるが、もう少し手前でも考えている」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン