スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

高安、荒磯親方と三番稽古 「結果を出して恩返し」

2019/2/27 17:29
保存
共有
印刷
その他

大相撲の大関高安は27日、春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)に向けて兵庫県尼崎市の園田競馬場内にある田子ノ浦部屋で、1月に引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方と三番稽古(同じ相手と続けて取る)に励んだ。悲願の初優勝を見据え「ありがたい。結果を出して恩返ししたい」と活躍を誓った。

元横綱稀勢の里の荒磯親方(右)と三番稽古に励んだ高安(27日、兵庫県尼崎市の田子ノ浦部屋宿舎)=共同

元横綱稀勢の里の荒磯親方(右)と三番稽古に励んだ高安(27日、兵庫県尼崎市の田子ノ浦部屋宿舎)=共同

高安は20番取って8勝12敗と分が悪かった。「右からの攻めを意識した」と言うように、左四つから右おっつけや小手投げなどで攻めた。だが腰高になる場面が多く「力強い型をつくっていきたい」と課題を挙げた。

部屋付き親方として指導する荒磯親方は堂々と相撲を取り、現役時代のように右上手を引いた力強い寄りは健在で、稽古終盤は高安の息が上がるほどだった。高安は「引退しているのが不思議な感じ。一緒に稽古して、このまま場所に出るんじゃないかという雰囲気」と感服していた。

荒磯親方はまだ本調子でない弟弟子に対し「がむしゃらにやった方が彼らしい。自然体でやったら強いよ」とアドバイスを送った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

遠藤(左)を攻める隠岐の海

 遠藤との投げの打ち合いで踏ん張りきれず、腹ばいとなった隠岐の海は悔しげに唇をかんだ。賜杯争いから後退する黒星の反省が頭を巡っていたのだろう。一礼して引き揚げようとしたところで、慌てた行司に呼び止めら …続き (21日 22:08)

【東】
鶴竜    4勝4敗6休
高安    休場
栃ノ心   6勝8敗
御嶽海   11勝3敗
阿炎    9勝5敗
北勝富士  8勝6敗
逸ノ城   1勝4敗9休
大栄翔   7勝7敗
玉鷲    7勝7敗
千代大龍 …続き (21日 19:15)

(東) (西)
貴源X―X千翔
輝 0―0東龍
松鳳2―0豊山
阿武0―0剣翔
佐海1―1炎鵬
照強1―1錦木
琴奨19―20栃煌
志摩0―1翔鵬
琴勇1―2正代
玉鷲0―0石浦
千大1―0友風
大栄1―0琴恵
明生0―2朝山 …続き (21日 19:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]