/

全日本スピード、高木美が5冠 男子1500は小田が制す

スピードスケートの全日本選手権最終日は30日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われ、26歳の高木美帆(日体大職)が女子1500メートル、5000メートルを制した。28、29日に500メートル、1000メートル、3000メートルも制しており、全5種目で頂点に立った。

女子5000メートル 優勝した高木美帆(30日、明治北海道十勝オーバル)=代表撮影・共同

世界記録を持つ1500メートルは自身の国内最高を更新する1分54秒08、5000メートルは7分7秒33だった。2種目とも押切美沙紀(富士急)が2位。

男子の1500メートルは小田卓朗(開発計画研究所)が1分45秒72、1万メートルは土屋良輔(メモリード)が13分14秒89の国内最高で勝った。一戸誠太郎(ANA)が両種目で2位に入った。

全日本選手権は昨年まで4種目総合で争われてきた。今年は距離ごとに競う五輪と同形式となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン