2019年2月22日(金)

高校野球

高校球児の負担軽減 19年夏の甲子園、休養日増や開始時間早く

2019/1/30 17:23
保存
共有
印刷
その他

日本高野連は30日、大阪市内で今夏の第101回全国高校野球選手権大会の運営委員会を開き、第101回大会から夏の甲子園大会の休養日を、現行の1日から2日に増やすと発表した。猛暑の中でプレーする高校球児の身体的な負担軽減などが目的。休養日は2013年夏の甲子園大会から導入され、準々決勝翌日に設定されてきたが、準決勝翌日にも新たに設けられる。

第101回大会の日程は8月6日から16日間(休養日2日を含む)。1日に3試合を行う第5日と第9日の第1試合の開始時刻は、従来の午前9時半から同8時に変更。準決勝は午前10時から同9時に繰り上がる。高野連は「比較的涼しい時間帯に試合をすることを目指した変更」としている。組み合わせ抽選会は、8月3日に大阪市内のフェスティバルホールで実施。

昨夏の大会で準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星投手は、1回戦から決勝までの6試合で計881球を投じた。5日間で4試合目となった大阪桐蔭との決勝では疲労困憊で、投球過多が問題視されていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、昨年12月に高知商のダンス同好会の有料発表会に野球部員が出演したことについて、野球部長に処分や指導を行う必要はないとして「不措置」とすることを決めた。
 今 …続き (20日 19:40)

 日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、新潟県高野連が今春の新潟県大会での導入を目指していた投手の球数制限について、新潟県高野連に、再考を求めることを決めた。専門家を交えた「投手の障害予防に関す …続き (20日 18:31)

 高知商の野球部員がダンス同好会の有料発表会に出演したことについて、日本高野連は13日の全体審議委員会で、日本学生野球憲章の禁ずる「商業的利用」に当たらないと結論付けた。その一方で、責任者である野球部 …続き (13日 22:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]