/

NPB、賭博再発防止で協議会 12球団と情報共有

日本野球機構(NPB)は2日、昨年の野球賭博問題を受け、東京都内のNPB事務局に各球団の担当者を集めて「有害行為再発防止協議会」を開き、選手教育の取り組みなどについて情報を共有した。

NPBがキャンプ中に12球団を巡回して行った研修会や、各球団が独自に取り組んでいる対策が報告されたほか、開幕前までに選手に配布する啓発用ポスターや小冊子が紹介された。協議会は今後も春秋の年2回、定期的に行う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン