/

宮原が女子SP3位、樋口は8位 世界フィギュア

女子SP 演技する宮原知子(21日、ミラノ)=共同

【ミラノ=共同】フィギュアスケートの世界選手権は21日、ミラノで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)が74.36点で3位、同五輪出場を逃した樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は65.89点で8位につけた。

地元のカロリナ・コストナー(イタリア)が世界歴代3位の80.27点でトップに立ち、平昌五輪金メダルの15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が79.51点で2位。同五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は右足の痛みのため出場していない。

さいたま市で行われる来年の世界選手権の出場枠が懸かる重要な一戦。五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は右足首の治療のため欠場し、五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)らが出場予定の男子は22日にSPが行われる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン